巧言令色鮮し仁

また人に裏切られそうだ、二度目。非常に心が痛むが、この論語の奥深さを痛感する。仁や徳というものは地味なものであることを忘れてはならない。